メイン画像

所在地

〒971-8111
福島県いわき市小名浜大原小滝町6-2
(いわき市立小名浜第一中学校近く)

診療予約・お問合せ

0246-52-0006

診療時間

9:00~13:00
14:30~18:30

休診日:土午後・日・祝日

設備案内

歯科用CT

より正確で安全な治療を行うための歯科用CT

当院では、お口の中の状態を低線量で詳細に把握できる最新型の歯科用CTを導入しています。

歯科用CTは、歯の状態や歯槽骨(あごの骨)とを、立体画像で確認することができ、従来より正確な診断が可能になりました。これにより、より的確なインプラント、矯正の治療をご提供することができます。

歯科用CT

歯科用CTの特徴

被曝線量が低水準
この歯科用CTは、医科用の1/8と非常に低水準の被曝量です。 これは、東京-ニューヨーク間を飛行機で往復するよりも少ない被曝線量になります。(※放射線医学総合研究所資料参考)
また、エックス線量も制御管理可能のため、患者様にあった撮影ができます。
撮影から診断までが短時間
撮影時間は約10秒程度、撮影後は40秒程度で3D構築終了しますので、撮影後待つことなく診断が受けられます。
より正確な撮影
患者様との対面により位置決めをしますので、正確な撮影が可能です。
歯科用CT

歯科用CTを使った診断

インプラント治療
顎の骨の厚みや形態などを立体的に確認することで、より詳細な骨の状態を確認することが出来ます。
インプラント埋入前にコンピューター上でシミュレーションし、正確で安心なインプラント治療が行えます。
親知らずの抜歯
抜歯する親知らずと下顎の神経管との距離が密接している場合、抜歯時に神経管を傷つけてしまう危険性があります。 しかし、歯科用CTは神経管の位置を正確に把握することが可能なため、安全に抜歯することが出来ます。
歯周病進行状態の確認
歯周病により歯の周囲の骨の破壊がどの程度進行しているかが詳細に把握出来ます。これにより、より安全で最善な治療計画を立案することが出来ます。

その他にも、歯科用CTでは矯正治療や歯牙の根管内治療、歯が萌出しない埋伏歯等の総合的な診断をすることができます。

歯科用CTを使った診断
ページ上部へ戻る